利用規約


Hotaku(以下、「当ホテル」)では、お客様に安全かつ快適にご利用いただくため、宿泊約款第9条に基づき次のとおり利用規則を定めておりますので、ご協力くださいますようお願い申し上げます。ホテルの持つ公共性を保持するため、宿泊約款と一体となる下記の規則を定めております。 この規則に違反したときは、宿泊約款第 5条の規定により、やむを得ずご宿泊ならびにホテル内諸施設のご利用をお断り申し上げ、かつ当ホテルが被った損害のご負担をいただく事もございますので、特にご留意くださいますようお願い申し上げます。

 

客室ご利用について

1. 客室よりの避難経路図は、客室入口のドアの裏側、またはその周辺に掲示してありますのでご確認ください。

2. ご在室中や特にご就寝の際は、必ず内鍵とドアガードをおかけください。

3. ドアをノックされた時は、ドアガードをかけたままドアを開けるか、ドアスコープでご確認ください。また、不審者の来訪に際しては不用意に開扉なさらずにフロントまでご連絡ください。

4. 当ホテルは全館禁煙とさせて頂いております。

5. 客室内及び廊下では、ホテルの許可なく暖房用炊事用等の火気、キャンドル等をご使用にならないでください。また、客室内での備付の器具以外を用いての調理は固くお断りいたします。

6. 室内にある照明機器や電化製品に衣類を掛けたり、洗濯物等を干したりしないでください。

7. ホテルの許可なく客室を営業行為(展示会・その他)等ご宿泊以外の目的にご使用なさらないでください。

8. ホテルの許可なく客室内や館内の備品を移動する、設備外のものを取り付ける、室外に持ち出す、また客室内に造作を施し、あるいは改造する等現状を変更なさらないでください。万一備品の紛失、破損等があった際にはその実費を弁償いただきます。

9. ご訪問客、外来者様との客室でのご面会はお断りいたします。ロビーにてお願いいたします。

10. 長期の宿泊契約により貸借権、居住権等借家法その他居住に関する法律上の権利は発生するものではありません。

11. 宿泊登録者以外のご宿泊は固くお断りいたします。契約人数を超えての客室利用は、禁止致します。申出なく契約人数を超えての利用が発覚した場合は即刻ご退出いただくか、その超過利用分をご請求致します。

12. 未成年者のみのご宿泊は、保護者の許可がない限りお断りいたします。

13. 客室の窓やドアなどに写真、ポスターを貼付し、その他ホテルの外観を損なう物品を掲示しないでください。

14. 廊下やロビー等に靴やその他の所持品を放置しないでください。

15. 購入された飲食物であっても合理的範囲を超える量や内容の飲食物を客室に持ち込まないでください。

16. 貴重品や高価な物品はご自身で管理頂き、客室内に放置せずに、必ず身につけてお出かけください。

17. ご宿泊日数を変更される場合は、ホテルフロントに予めご連絡ください。また、客室の稼働状況によりお客様のご希望に添えない場合がございますことをあらかじめご留意下さい。

18. ご宿泊日数を延長される場合は、延長にかかる宿泊料金を、宿泊延長の申込時にお支払いください。また、客室の稼働状況によりお客様のご希望に添えない場合がございますことをあらかじめご留意下さい。

 

客室ルームキーについて

1. ご滞在中お部屋からお出かけの際は、鍵を必ずお持ちになり、施錠をご確認ください。

2. 客室ルームキーを紛失、破損された場合は、鍵交換・修理工事に要する費用の全額を申し受けます。

3. 客室ルームキーは、当ホテル出発の際、必ずフロントへご返却ください。

 

お支払い等について

1. お会計は宿泊前にお願いいたします。なお、ご滞在中でも料金のご精算をお願いする場合がございます。その都度お支払いをお願いいたします。なお当ホテルが請求してもお支払いがない場合は、お部屋を明け渡していただく場合がございます。

2. ご利用代金のお支払いは、クレジットカード等、及び当ホテルの認めたものとさせていただきます。手形、小切手はお断りいたします。

3. ご到着時にクレジットカードの確認をさせていただくか、お預かり金を申し受けることがございますので、あらかじめご了承ください。

4. お買物代、切符代、タクシー代、郵便切手代、荷物送料等のお立替えはお断りさせていただきます。

5. 客室内の通信回線は外部への通話ができませんのでご了承下さい。

6. 決済の終わった宿泊代金の割引や返金は理由如何に関わらず一切いたしませんのでご了承下さい。

7. 誠に勝手ながら、法定の税金の他、スタッフへの寸志、お心付け等はご辞退申し上げます。

 

禁止行為について

ホテル内では他のお客様の迷惑になる下記の物の持ち込み、又は行為はご遠慮ください。

1. 動物、鳥、魚 等のペット類、(補助犬は除く)の持込、進入

2. 火薬、揮発油、その他発火又は引火性の物

3. 悪臭を発する物

4. 覚醒剤、麻薬類等、法令により所持を禁止されている薬品類

5. 身体に害を及ぼす危険性のある薬品、物品

6. 許可証のない銃砲、刀剣類及びこれらの武器や類似品

7. 著しく多量 もしくは重量のある物品

8. ごみ及び客室の衛生を妨げる物品

9. 当ホテル内での使用を目的とした電化製品及び調理器具等

10. その他、当ホテルが持込を禁止せざるを得ないと判断したもの

11. ホテルの許可なくホテル内のパブリックスペースで写真撮影をする事、及びホテル内で撮影した写真を営業上の目的で使用する事

12. 放歌高吟等の喧騒行為、異臭放散その他第三者に嫌悪感や迷惑を及ぼしたりする行為

13. 賭博や風紀を乱すような行為、又は他のお客様の迷惑になるような言動

14. 館内の諸設備及び諸物品の移動、加工、持ち出し、及び本来の用途以外の目的での使用

15. 携帯電話のご使用にあたり、適切でない場所での会話や大声での通話等、他のお客様に嫌悪感、迷惑を及ぼす行為

16. 客室以外の場所での所持品の放置

17. 指定された客用以外の施設への立ち入り

18. 下着または半裸、全裸等で客室外に出ること

19. ユニットバス内、洗面所での染毛・漂白剤等の使用

20 他のお客様への広告、宣伝物の配布、物品の販売、勧誘等

21. 客室内でお香、アロマキャンドルなどを焚く、大量に香水や芳香剤を振りまくなど 著しく匂いが室内に残る行為

22. その他当ホテル内での安全及び衛生の妨げとなる全ての行為

 

規則の有効

本規則は、日本標準時 2022 2 8 日より有効といたします。なお、当ホテルは社会経済情勢の変化や諸般の事情で、本規則の改正、変更 をできるものとします。